【速報】無事に櫃ヶ岳登山が完了‼︎

image無事に2日目まで終了しました‼︎

1日目は水遊び、ゆるい感じの1日でしたがオーバーナイトハイクはコースを長く取りすぎて大変でした‼︎

 

【櫃ヶ岳登山】

image

カブ、ボーイスカウト連合しての登山、ルートは短めでしたが、里山ですから「地図にも乗らない林道」に入り込みいきなりタイムロス‼︎

image

やはり登り始めは都度地図を確認するべきですね。

image

image

カブ新人のすみれちゃんも最後まで頑張りました、やすらぎ村ではスイカ割り(甘かった‼︎)川で涼みながら夏を楽しんでいました。

image

秘密兵器「焼き鳥」をみんなで焼きながら味わいました‼︎

 

【あとは夜‼︎キャンプファイアー】

あとは夜のキャンプファイアーで今年のキャンプはクライマックス‼︎

image

 

 

夏キャン直前対策「等高線地図の読図トレーニング!!」

そういうわけでついに夏キャンプ寸前!!

【昨年の夏キャンプ】
【昨年の夏キャンプ】

キャンプといえばカレー!!…だとは思うんですが、ボーイスカウトですからそこはおいておいて「登山」なわけです。

 

で、です。
登山といえば…これは難しい、おにぎりかもしれませんし、今なら華麗なウェアを身にまとった登山者を思い浮かべるかもしれません。

ですが、スカウトのキャンプとして重要なのは「読図(作図)」でしょう。

【小さなキャンプ】ボーイスカウト活動の始まりとされているキャンプ、少年達を大人同様チームで扱い自律的に活動させるスタイルはこのキャンプからすでに実現している。
【小さなキャンプ】ボーイスカウト活動の始まりとされているキャンプ、少年達を大人同様チームで扱い自律的に活動させるスタイルはこのキャンプからすでに実現している。

みなさんご存知のように(?)スカウト活動はベーデンパウエル卿の書いた「斥候術」という教本を少年達が活用して野外活動をしていた事から始まったという面もありますから『少なくとも地図のあるエリアでは』お茶の子さいさいで道を選べる必要があります。

読図には様々なコツがありますが、今回は「等高線からの地形の見方」の基本トレーニングをしてみましょう。

(トレーニングというか、地図からどんな感じで地形を頭の中に想像するか?を何枚かの画像で示します)

 

【等高線は10mに1本】

基本的なことですが地形図には「等高線」が引かれています。

これは「その線の引かれている場所の高さ」を意味します。

【等高線】450.600と「太線に」文字が入れられているのがわかる。
【等高線】450.600と「太線に」文字が入れられているのがわかる。

この等高線は50mごとに「太線」になっています、太線には「200」というような数値が書かれていますので、「200」から2本「250」ヨリの線だと「220」の高さだということがわかります。

 

【百聞は一見にしかず】

まあそういうわけで、まずは一番簡単な「富士山」からスタートしてみましょう。

まずこれが地図です、細かく見る必要はありません。

【矢印の場所に立って見ている感じで】
【矢印の場所に立って見ている感じで】

さて、次がこれ、実際に地図を見る時のように上を「前方向」に合わせてほんのり陰影をつけてあります。

【陰影】ちょっと高価な地図を買えばこういう感じにカラーリングしてあるものもあります。
【陰影】ちょっと高価な地図を買えばこういう感じにカラーリングしてあるものもあります。

さて、現物(3D)がこれ!!

【3D】吉田口(北側なので新幹線と逆側)からの富士山、一味違いますね?
【3D】吉田口(北側なので新幹線と逆側)からの富士山、一味違いますね?

富士山の形は見なくてもわかると思いますが右の「ちょっとした出っ張り」の形が等高線から想像できると実際の登山でも「この出っ張りと、この出っ張りの間(谷)のこのあたりを歩いている」…という具合で自分の位置が確認できます。

 

【今年の夏キャンプ場からの櫃ヶ岳】

さて、では実践的な感じで次は今回のキャンプの舞台「やすらぎ村」から櫃ヶ岳方向を見てみましょう。

→印刷用の地図はこちら「櫃ヶ岳山域地図」

 

まず地図はこんな感じ。

【櫃ヶ岳】キャンプ場からは南に位置している。
【櫃ヶ岳】キャンプ場からは南に位置している。

次に方向を変えた(「前」を上に)のがこれ。

【キャンプ場から櫃ヶ岳】
【キャンプ場から櫃ヶ岳】

 

はい、最後がこれですね。

【櫃ヶ岳を望む】高さの関係を見て「自分の場所」と「見ている方向」を判断しよう。
【櫃ヶ岳を望む】高さの関係を見て「自分の場所」と「見ている方向」を判断しよう。

この場合「左右のでっぱりが同じぐらいの高さで、中央に山頂が位置している形」が地図に近似していることを確認すれば自分の立ち位置が概ね確認できます。

登山における読図はこのように「周囲の凹凸で自分の位置を確認する」ためのものです。

 

細かい技術は他にもありますが、まずの基本として「地図と地形を合致して自分の(大体の)位置を確認できる」事が重要です。

 

 

【速報】ビーバー隊の週末はキャンプに向けた「私市ハイキング」

【私市へ】京阪電車 交野線で20分のリゾート(?)
【私市へ】京阪電車 交野線で20分のリゾート(?)

そういうわけで週末は私市へ、本来予定していたコースがことごとく閉鎖されていたためかなり本格的なハイキングになってしまいました。

画像をクリック】クリックした先では「実際に歩いた結果」のログが『再生』できます、スカウトたちの動きを地図上で追体験できます(右下の再生倍率を「x50」くらいにすればちょうど良いと思います)。

【爽快なスタート】

今回のルートではスタートは川沿いでかなり涼しく爽快なスタートになりました。

20160710_001415410_iOS
【沢道】マイナスイオーン!!

とはいえ、なかなか湿度は高くじっとりと汗ばんでは来ます。

【滝道を越えたら岩山へ】アスレチック仕立ての岩山があったので偵察に向かいました。
【滝道を越えたら岩山へ】アスレチック仕立ての岩山があったので偵察に向かいました。

最終的に岩山の先にあった「展望台」まで探検して戻ってきました(ルートログ上の「出っ張り」がここです)。

【岩山から戻ってきた】次は水舞台
【岩山から戻ってきた】次は水舞台

この後「水舞台」まで進みますがなんと老朽化のためアスレチックが閉鎖されていました。

【水舞台】もうこうなるとただの草原です。
【水舞台】もうこうなるとただの草原です。

この後水舞台から強引に登山口へと復帰して歩きますが、「近道」がことごとくふさがっていてかなーり、長い道のりを歩くことになりました。

【やぶこぎ】水舞台から登山道へは一部(10mほど)道なき道を進んだ、蚊が多い!!
【やぶこぎ】水舞台から登山道へは一部(10mほど)道なき道を進んだ、蚊が多い!!

 

みんな良く頑張った!!次は夏キャンプ!!

【遠い道のり】いや、大変な中、よくみんな歩けました。
【遠い道のり】いや、大変な中、よくみんな歩けました。

 

 

【夏キャン2016】夏季キャンプ予定決定!!「奈良 やすらぎ村」【今年こそ!!】

夏季キャンプの予定をお知らせします!

場所は奈良 吉野郡下市 山間の「丹生川」沿いのキャンプ場「やすらぎ村」になりました。

昨年は大雨で中止となりましたが今年こそは!!

【やすらぎ村】サイトマップ
【やすらぎ村】サイトマップ

日程は7月23-25日の3日間!!

 

【よく整備されたキャンプ場】

かつて15団初の「夏キャン」の開催地になった「やすらぎ村」は、非常によく整備されたキャンプ場です。

DSC_0089_R
【管理棟】管理棟には地元のおばあちゃんなどが詰める。

宿泊も、「野営」のみならず「舎営」も充実しています。

【マッシュルームキャビン】キノコのような「小部屋」
【マッシュルームキャビン】キノコのような「小部屋」
【小さいが綺麗】美しい設備
【小さいが綺麗】美しい設備

 

【羽生川沿いの設備】河原のバーベキューも楽しめる。
【羽生川沿いの設備】河原のバーベキューも楽しめる。

 

【櫃ヶ岳(羊ヶ岳)】

櫃ヶ岳は栃原岳、銀峯山と共に「吉野三山」に入れられる山で、神社(八幡神社)が置かれています。

名前から察するに「おひつ」に見える角度があるのかもしれませんね。

【吉野の山】写真のように「大峰山」や大阪側の「金剛山」も見える
【吉野の山】写真のように「大峰山」や大阪側の「金剛山」も見える

山間の神域ということで本来は「修験道」の修業の場でもあり、山頂付近の大木、樹齢300年の杉「吉銅魔王権現」と修験道にちなんだ名前がついています。

【トレッキングガイド】下市は様々なガイドに力を入れている。
【トレッキングガイド】下市は様々なガイドに力を入れている。

山岳地図(PDF)はこちら。

 

【アクセス】

やすらぎ村
〒638-0026 奈良県吉野郡下市町大字西山550
TEL : 0747-58-0114(代)
mail:yas580114@gmail.com

近鉄「下市口駅」より奈良交通のバス

奈良交通バス(洞川行き・笠木行き)で45分「長谷」バス停下車後、4キロ(徒歩50分)

 

市の観光案内(PDF)

市の安らぎ村への道案内地図(PDF)

 

参加のお問い合わせ等の連絡先は15団のメール団委員まで!!

 

 

【おまたせしました!!】6月22日ビーバーラリー「恐竜ランド」のご報告。

すいません、担当者多忙でお待たせしましたが当然のようにスカウト活動は続いています。

 

まずは先日の22日に行われた「無料体験会」ビーバーラリーのご報告から。

【冒険は心のなかに】広場や空き地に様々な色をつけられる想像力が人間を育てる。
【冒険は心のなかに】広場や空き地に様々な「色」をつけられる想像力が人間を育てる。

今回の地区の無料体験会は「恐竜ランド(ジュラシックパーク)」ということで恐竜にちなんだブースを複数用意したイベントになりました。

【まっしろな日差しの下でみんな走り回る】
【まっしろな日差しの下でみんな走り回る】

 

まあ、各ブースはそれぞれミニゲームになっていたり、大空を舞う「滑車すべり」があったりと工夫をしたものですが何よりもこのロケーションが最高です。

【淀川河川公園】晴天の河川公園は最高!!
【淀川河川公園】晴天の河川公園は最高!!
【ゲーム】前回の集会で用意した海の・・・恐竜?釣りゲームも。
【ゲーム】前回の集会で用意した海の・・・恐竜?釣りゲームも。
【恐竜パズル】
【恐竜パズル】

ホンの半日ほどのイベントですがこれからの季節にご参加いただける方は日差し対策をお忘れなく!!

 

【その他のイベント】

【秘伝】ボーイスカウトH15やきそば(?)
【秘伝】ボーイスカウトH15やきそば(?)

この前日の21日はさだ公民館でやきそばの販売を実施しておりました。

収益は夏のキャンプなどのスカウト活動費に充てさせていただきます(「クッキー販売」などで活動費を稼ぐのボーイスカウトでも定番ですが慈善活動団体では珍しくありません)。

みなさんおつかれさまでした!!
みなさんおつかれさまでした!!