「[夏]」カテゴリーアーカイブ

【活動報告】源氏の滝へのハイキング!!

そういうわけで、15団のビーバー隊(年長さんから小学校低学年のグループ)はおかげさまで徐々に参加者が増えておりますが、その歓迎と体力づくりをかねて交野市の「源氏の滝」へのハイキングに行ってきました!!

【集合セレモニー】輪になって声をかけることでみんなの状況を確認します。

3キロほどの道のりを歩くライトなハイキングになります。

【市街地を進む】ボーイスカウトは野外活動もやりますが、ロンドン生まれの活動ですので日常活動は都市で行う事も多いです。

ルートはこんな感じです、ゴールが交野山の麓なのでアップダウンは少なく、道路状況も市街地か整備された道なので自動車や自転車に気をつけながら進んで行きます。

【市街地でもスカウト体験できる】

野外ではサインは「草や落ちた枝」を使って作るのですが市街地ではこんな感じでチョークで記述します。

【H15】枚方15団ということですね。

カブ隊(小学校高学年)やボーイ隊(中学生)ではこのサインで得た情報(「この先Xm書類アリ」などで指令書を受け取ったり)でハイクを行ったりしますが、ビーバー隊では「サイン」で情報をやり取りできるということを「楽しんで感じさせる」のが目的です。

 

【源氏の滝】

市街地から出るとすぐに「源氏の滝公園」に入っていきます。

【源氏の滝公園】交野山三宝荒神宮の一部ですので「遥拝所」や巨石、岩に刻まれた梵字などがあります。

源氏の滝公園にはいくつかの見どころもありますが、それほど大きな公園ではありませんので10分ほどで滝へとたどり着きました。

【源氏の滝】源氏姫が身を投げたという伝説のある滝

滝からただようマイナスイオンで涼を取りながら、ガヤガヤとみんなで昼食をとりました!!

【ニッコリ】引率のリーダーに抱えてもらって笑顔のビーバー隊員、ちなみにボーイスカウトは近年男女共学になりました。

昼食が終わったあとは水辺の探検をして、また交野市駅まで歩き引き上げました。

【源氏の滝を探検】スカウティング(斥候)には「調査・探検」という側面もあります。

枚方市駅まではリーダーも一緒に帰って解散しました!!

【活動報告】5月ビーバーラリー「探せぼくらの宝島」

そういうわけで先週末はビーバーラリー「探せぼくらの宝島」でした!!

「ビーバー隊」は幼稚園年長さんくらいから小学校低学年までのグループで、「ラリー」とは一つの場所に幾つかのブースを用意して行う技能を高める体験会です。

 

【ブース紹介(抜粋)】

【工作】野外ですが工作があります。

工作コーナーも有り、紙や木工作、ヒモ工作などを行います。

今回は紙での工作です。

【的当て】今回はシンプルな的当て

シンプルな的当てゲームですが一投一投に一喜一憂します。

【ワッと】一喜一憂します。

 

他にも様々なゲームを企画します。

【モンキーブリッジ】ブリッジを滑っていくだけですがなかなかの「大冒険」です。
【草の海を進む】チーム単位でのゲームが多くみんなで協力して進めます。

一日、多くの一般の体験者も含めて楽しいゲームや体験をしてもらうことができました!!

そう、先日作った帽子も大活躍でした!!

【海賊帽子】15団では先週の工作で帽子を作りました。

 

2018年5月ビーバーラリー写真集

【活動報告】武田尾廃線ハイクと防災教室でのロープワーク

そういうわけで、この週末は武田尾廃線ハイクと近くの殿一小学校での防災教室がありました。

 

【武田尾廃線ハイク】

武田尾廃線ハイクは変化に富んだ武庫川渓谷を行く、高低差も少なく人気のあるハイキングコースになります。

【武庫川渓谷】紅葉もあり美しい渓谷だが秋はスズメバチが出ることもあるので注意しよう。

 

何度かトンネルと鉄橋を越えていくので「大冒険」のコースですが体力的には「登る」わけではないので楽ですから『歩く楽しみ』を感じるのに良いルートです。

【夏はすずしく、冬はそこまで寒くない】夏もオススメできます。

鉄橋部は昔は「整備用の橋」を強引に渡る感じでしたが再整備されて安全になりました。

【鉄橋】鉄道橋がリニューアル

武田尾側の場所では「ハシゴを降りれば」河原にも降りれます、ちょっと危ないですけどね。

 

【広場もある】昼ごはん

途中で昼ごはん。

【記念撮影】

「武田尾=生瀬(生瀬=武田尾)」を歩く上での注意点は余りありません、生瀬駅から武庫川渓谷まではすこし離れていますのでルートを確認しておいたほうが良いでしょう(看板は沢山ありますけどね)。

 

2時間ほどの冒険を終えて、最終的にはみんなで無事に枚方まで帰ってきました。

 

【防災教室(殿一小学校)】

そういうわけで、この週末には殿一小学校での防災教室に橋本リーダーが講師として登壇しました。

 

「ロープワークが命を救う」話から基本の三つの結び(本結び・もやい結び・巻き結び)を紹介して、最後に「巻き結び」だけは実践してもらいました……成功率は70%くらいかな?

【巻き結び体験】

そういうわけで今週末は「外に出る」活動が多い週末でした!!

 

【活動報告】夏の最後の団行事「ファミリーキャンプ」

そういうわけで、8月末の週末は「ファミリーキャンプ」でした。

交野第三団さんの野営地をお借りしての「スカウトの家族をお招きした」一泊野営です。

はじまりのセレモニー

 

「キャンプ(野営)」の要訣は快適なキャンプサイトを作ることと、おいしい食事を用意することです。

【設営】キャンプを設営、日陰を作るのは重要!!(写真は2016年キャンプ)

サイト設営ではテント(個室)とタープ(ダイニング)を設置します。

翌日への英気を養うためにも「くつろげるサイト」作りは重要です。

スカウトたちは手早くテントを建てていきます。

 

【食事が第二の基本】

設営はもちろん大事ですが、やはりといいますか一日三度のイベント「食事」も大切です、「快適にすごす」基本は『衣食住』というのは野外でも変わりません。

みんなで協力して楽しい食事ができました!!

夜にはリーダーと保護者の方々での懇親会もあり、楽しい夜になりました。

 

スカウトの技量をご家族の皆さんにも示す事が出来た!?

 

 

【2017年夏】地区キャンポリースライドショー【速報Ver.1】

そういうわけで、地区のキャンポリー(岡山県吉備高原)の便り……写真が届きましたのでスライドショーでご提供します!!

ビーバー・カブ(小学生)向けにはももたろうをモチーフにした活動を、ボーイ・ベンチャー(中高生)は移動野営をしながら船で合流してきています。

 

キャンポリーの情報は随時追加予定ですが、まずは写真でお楽しみください!!

【活動報告】7月23日 獅子窟寺「小さい冒険」ハイキング

そういうわけで、今回はビーバースカウト(小学校低学年)の活動報告です!!

前回のカブスカウト(小学校高学年)の活動よりも少しソフトな獅子窟寺へのノーマルなハイキング(ハイク)を行いました。

【河内森駅より】

河内森駅から獅子窟寺を通過し、くろんど園地を歩いて帰ってくる活動です。

【参道を行く】一部参道も歩きます。

基本的には体力づくりを目的とした活動です、このあたりはかなりルートが沢山あるので経験にあわせたルートを作ることができます。

 

「パワースポット」としても有名な獅子窟寺を通過するコースでもこういった子供向けのものから本格的なトレッキングコースまで様々なルートがあります。

【獅子窟寺】「八丈岩」のような巨石でも有名。

スカウトは景色に励まされて登っていきます、登山はこうでなくてはいけません!!

ゴール!! ああ、くたびれたー。

枚方の町までが見える景色を見て「昼ごはん」の時間です。

歩いた後のおにぎりはおいしいですね!!

 

昼食が終わると下山へ!!

全員無事に帰ってきました!!

【敬礼】

夏の活動報告「この夏の思い出は?」『うどん!!』『キャンプ!!』『流しそうめん!!』「なんか食べるものが多いな〜」

さて、長い長い夏休みも終わりました。

最後には大変な台風が日本を襲い、多くの犠牲もありました、深くお見舞いを申し上げます。

 

…の、ですがここで夏の総決算として活動のご報告をさせていただきますので少しテンション高めですがよろしくお願いします!!

【2016年の夏】お疲れ様でした!!
【2016年の夏】お疲れ様でした!!

 

【うどんキャンプ】

【香川県】うどんキャンプへGO!
【香川県】うどんキャンプへGO!

ベンチャー隊は夏に独自の活動をたくさんこなしました。

8月5-8日は香川県へと「うどんキャンプ」計画を立ててスカウトだけで移動していきます。

 

続いては隼章取得のための「冒険キャンプ」。

金剛山キャンプで、ベンチャー女の子2名で、2泊してきました

金剛山では山の夏祭りが開催中で日中は千早赤阪城跡や山頂を巡り。

夜は天体観測施設で、流星群や月を見ました!!

 

【サマーキャンプ】

【やすらぎ村】谷間の川沿いのキャンプ場でなかなか楽しめました。
【やすらぎ村】谷間の川沿いのキャンプ場でなかなか楽しめました。

何度かお送りした夏のキャンプですが詳しいところはこちらで!!

この後ビーバー隊はこの思い出の振り返りを実施し写真のコラージュを作りました。

【思い出帳】作る時は微妙だと思いますが振り返れば良いものです!!
【思い出帳】作る時は微妙だと思いますが振り返れば良いものです!!

 

【一日体験会「ホグワーツ城からの招待状」】

【流しそうめんとハリーポッター】夏の終わりは一日体験会でした!!
【流しそうめんとハリーポッター】夏の終わりは一日体験会でした!!

夏の終わりには一日体験会、ハリーポッターゲーム!!

流しそうめんも出来てよかった!!

 

【隼章取得おめでとう!!】

そして、この夏ベンチャー隊に隼章の取得者が生まれました!!

【授与式】隼章は様々な計画と実行、そして面接などを通って授与されます。
【授与式】隼章は様々な計画と実行、そして面接などを通って授与されます。

彼女は隼章を取得したことで韓国フォーラム・韓国ジャンボリーキャンプに参加し、16日からは一週間の富士特別野営キャンプに参加できました!!

本当におめでとう!!弥栄!!

 

 

【活動報告】2016年夏のキャンプは谷あいのキャンプ場で「全部入りの夏」!!

そういうわけで今年の夏のキャンプも無事に終了!!

【やすらぎ村】谷間の川沿いのキャンプ場でなかなか楽しめました。
【やすらぎ村】谷間の川沿いのキャンプ場でなかなか楽しめました。

 

全体をざっと報告していきます!!

【1日目:設営と軽いアクティビティ】

そういうわけで1日目は電車とバスで移動してきて軽いアクティビティを。

【設営】キャンプを設営、日陰を作るのは重要!!
【設営】キャンプを設営、日陰を作るのは重要!!

アクティビティはまあメインは水遊び、みんな大喜びです。

【川遊び】危険な淵ににじり寄っていく冒険にリーダーは戦々恐々
【川遊び】危険な淵ににじり寄っていく冒険にリーダーは戦々恐々

夕食の準備をしつつ夜には肝試しをおこないます。

【サイト】ビーバースカウトはロッジに、ボーイ以上はテントです。
【サイト】ビーバースカウトはロッジに、ボーイ以上はテントです。

オーバーナイトハイクでは一部ルートの指示に誤りがあって1チーム想定とは違うルートへと降りていってしまいましたが何とか無事終了。

 

【2日目:櫃ヶ岳トレッキングとスイカ割り】

そういうわけで速報でもお知らせしたと2日目はイベント目白押し!!

【もんどりで魚とり】ビーバーは前日に仕掛けたもんどりを引き上げてその成果を比べます。
【もんどりで魚とり】ビーバーは前日に仕掛けたもんどりを引き上げてその成果を比べます。

トレッキング、スイカ割り、キャンプファイヤーという一日!!

【里山から入山】細かい「生活道路」があってなかなか登山道にたどり着きませんでした。
【里山から入山】細かい「生活道路」があってなかなか登山道にたどり着きませんでした。

 
やすらぎ村を囲む山をぐるり一周旅行!!

 

櫃ヶ岳トレッキングは夏にするには少し暑かったですが下山したら川に入れるので悪くない一日になりました。

【登り始め】一部ルートが閉塞していたところもあった。
【登り始めから縦走へ】一部ルートが閉塞していたところもあった。
【櫃ヶ岳山頂から下山】「行動食係」のシオンくん大人気。最後は林道を抜けて村へ。
【櫃ヶ岳山頂から下山】「行動食係」のシオンくん大人気。最後は林道を抜けて村へ。

スカウト同士で助け合いながら無事に下山が出来ました。

【フォロー】カブスカウトをベンチャー、ボーイがフォローしながらゴール。
【フォロー】カブスカウトをベンチャー、ボーイがフォローしながらゴール。

全員良く歩き、助けました。

【登山完了!!】
【登山完了!!】

夜はキャンプファイヤー!!

歌が中心のファイヤーでしたがいろいろ難しいことをやろうとし過ぎてうまくのっていけないところもありました、練習できる時間を増やすかもう少し簡単なテーマを選んでも良いのではないでしょうか?

20160724_112736496_iOS

 

【3日目:撤営し枚方へ】

最終日はキャンプを撤収し、村長さんにご挨拶をして枚方まで戻りました。

【撤収】最終日はまあこんな感じです、昼には京橋についていました。
【撤収】最終日はまあこんな感じです、昼には京橋についていました。

駆け足でしたが、こういう感じでこの夏のイベントは無事に終了しました!!

「やるべき事を全部やった!!」感じですが、もう少し間引いてやったほうが良かったかも知れません。

【スキマ時間に…】絵を書いたりスイカを割ったりと、ちょっと忙しすぎたかもしれませんw
【スキマ時間に…】絵を書いたりスイカを割ったりと、ちょっと忙しすぎたかもしれませんw

来年は少し考えてみましょう!

 

 

夏キャン直前対策「等高線地図の読図トレーニング!!」

そういうわけでついに夏キャンプ寸前!!

【昨年の夏キャンプ】
【昨年の夏キャンプ】

キャンプといえばカレー!!…だとは思うんですが、ボーイスカウトですからそこはおいておいて「登山」なわけです。

 

で、です。
登山といえば…これは難しい、おにぎりかもしれませんし、今なら華麗なウェアを身にまとった登山者を思い浮かべるかもしれません。

ですが、スカウトのキャンプとして重要なのは「読図(作図)」でしょう。

【小さなキャンプ】ボーイスカウト活動の始まりとされているキャンプ、少年達を大人同様チームで扱い自律的に活動させるスタイルはこのキャンプからすでに実現している。
【小さなキャンプ】ボーイスカウト活動の始まりとされているキャンプ、少年達を大人同様チームで扱い自律的に活動させるスタイルはこのキャンプからすでに実現している。

みなさんご存知のように(?)スカウト活動はベーデンパウエル卿の書いた「斥候術」という教本を少年達が活用して野外活動をしていた事から始まったという面もありますから『少なくとも地図のあるエリアでは』お茶の子さいさいで道を選べる必要があります。

読図には様々なコツがありますが、今回は「等高線からの地形の見方」の基本トレーニングをしてみましょう。

(トレーニングというか、地図からどんな感じで地形を頭の中に想像するか?を何枚かの画像で示します)

 

【等高線は10mに1本】

基本的なことですが地形図には「等高線」が引かれています。

これは「その線の引かれている場所の高さ」を意味します。

【等高線】450.600と「太線に」文字が入れられているのがわかる。
【等高線】450.600と「太線に」文字が入れられているのがわかる。

この等高線は50mごとに「太線」になっています、太線には「200」というような数値が書かれていますので、「200」から2本「250」ヨリの線だと「220」の高さだということがわかります。

 

【百聞は一見にしかず】

まあそういうわけで、まずは一番簡単な「富士山」からスタートしてみましょう。

まずこれが地図です、細かく見る必要はありません。

【矢印の場所に立って見ている感じで】
【矢印の場所に立って見ている感じで】

さて、次がこれ、実際に地図を見る時のように上を「前方向」に合わせてほんのり陰影をつけてあります。

【陰影】ちょっと高価な地図を買えばこういう感じにカラーリングしてあるものもあります。
【陰影】ちょっと高価な地図を買えばこういう感じにカラーリングしてあるものもあります。

さて、現物(3D)がこれ!!

【3D】吉田口(北側なので新幹線と逆側)からの富士山、一味違いますね?
【3D】吉田口(北側なので新幹線と逆側)からの富士山、一味違いますね?

富士山の形は見なくてもわかると思いますが右の「ちょっとした出っ張り」の形が等高線から想像できると実際の登山でも「この出っ張りと、この出っ張りの間(谷)のこのあたりを歩いている」…という具合で自分の位置が確認できます。

 

【今年の夏キャンプ場からの櫃ヶ岳】

さて、では実践的な感じで次は今回のキャンプの舞台「やすらぎ村」から櫃ヶ岳方向を見てみましょう。

→印刷用の地図はこちら「櫃ヶ岳山域地図」

 

まず地図はこんな感じ。

【櫃ヶ岳】キャンプ場からは南に位置している。
【櫃ヶ岳】キャンプ場からは南に位置している。

次に方向を変えた(「前」を上に)のがこれ。

【キャンプ場から櫃ヶ岳】
【キャンプ場から櫃ヶ岳】

 

はい、最後がこれですね。

【櫃ヶ岳を望む】高さの関係を見て「自分の場所」と「見ている方向」を判断しよう。
【櫃ヶ岳を望む】高さの関係を見て「自分の場所」と「見ている方向」を判断しよう。

この場合「左右のでっぱりが同じぐらいの高さで、中央に山頂が位置している形」が地図に近似していることを確認すれば自分の立ち位置が概ね確認できます。

登山における読図はこのように「周囲の凹凸で自分の位置を確認する」ためのものです。

 

細かい技術は他にもありますが、まずの基本として「地図と地形を合致して自分の(大体の)位置を確認できる」事が重要です。

 

 

【速報】ビーバー隊の週末はキャンプに向けた「私市ハイキング」

【私市へ】京阪電車 交野線で20分のリゾート(?)
【私市へ】京阪電車 交野線で20分のリゾート(?)

そういうわけで週末は私市へ、本来予定していたコースがことごとく閉鎖されていたためかなり本格的なハイキングになってしまいました。

画像をクリック】クリックした先では「実際に歩いた結果」のログが『再生』できます、スカウトたちの動きを地図上で追体験できます(右下の再生倍率を「x50」くらいにすればちょうど良いと思います)。

【爽快なスタート】

今回のルートではスタートは川沿いでかなり涼しく爽快なスタートになりました。

20160710_001415410_iOS
【沢道】マイナスイオーン!!

とはいえ、なかなか湿度は高くじっとりと汗ばんでは来ます。

【滝道を越えたら岩山へ】アスレチック仕立ての岩山があったので偵察に向かいました。
【滝道を越えたら岩山へ】アスレチック仕立ての岩山があったので偵察に向かいました。

最終的に岩山の先にあった「展望台」まで探検して戻ってきました(ルートログ上の「出っ張り」がここです)。

【岩山から戻ってきた】次は水舞台
【岩山から戻ってきた】次は水舞台

この後「水舞台」まで進みますがなんと老朽化のためアスレチックが閉鎖されていました。

【水舞台】もうこうなるとただの草原です。
【水舞台】もうこうなるとただの草原です。

この後水舞台から強引に登山口へと復帰して歩きますが、「近道」がことごとくふさがっていてかなーり、長い道のりを歩くことになりました。

【やぶこぎ】水舞台から登山道へは一部(10mほど)道なき道を進んだ、蚊が多い!!
【やぶこぎ】水舞台から登山道へは一部(10mほど)道なき道を進んだ、蚊が多い!!

 

みんな良く頑張った!!次は夏キャンプ!!

【遠い道のり】いや、大変な中、よくみんな歩けました。
【遠い道のり】いや、大変な中、よくみんな歩けました。