「[ハイキング]」カテゴリーアーカイブ

【活動報告】ビーバー隊「わいわい」石清水八幡宮ショート・ハイキング

[石清水八幡宮 国宝の本殿]Flickerより

そういうわけで夏休み前の宿題がたまっていたのでがんばります!!

ビーバー隊(年長さんから小学校低学年)は春のハイキングということで石清水八幡宮に参詣しました。

石清水八幡宮は日本三大八幡宮、荒々しい勝負の神様で「必勝祈願」などにご利益があります。

山の上にあるので、近隣のボーイスカウトの「ショートハイク」兼「神社参拝」の地として親しまれています。

「ショート」とつけるぐらいですからルートは非常に短く、幼稚園児でも時間さえかければ登れるでしょう(大人なら20-30分ほどのルートです)。

初めに写真を使ってしまいましたが山頂付近にある第三駐車場のそばには「敬礼するスカウト像」があります。

下りは「男山ケーブル」で下山、無事に参拝を終えてみんなで帰ってきました!!

【活動報告】ガマンハイクと春の選抜に向けた選抜

そういうわけで、旧聞になってしまいましたが春恒例の「ガマンハイク」が行われました。

カブ隊(小学校高学年)が「40㎞-30㎞-20㎞」を歩くという一年の集大成的なイベントです。

40㎞が6年生、30㎞が5年生……という具合で学年ごとにハードルが高くなっていきます。

明け方から歩き始め大阪市内まで歩いて戻ってきます。

天候も不安定な中無事に歩き切りました!!

【センバツのセンバツ】

春の甲子園に出るスカウトのセンバツも春先に行われました。

15団のスカウトも数名センバツされました!!

【ビーバー隊活動報告】スカウティングハイク「春を探しに」

そういうわけで、大変お待たせしておりますが活動報告です!!

2月のビーバー隊(小学生低学年グループ)活動「春を探しに」がありますした。

「スカウティング」というと難しそうに見えますが「偵察=探す、報告する」ということです。

目的地は「交野のマーペー」こと交野山の 観音岩でした。

 

【春を探しに】

観音岩は交野山を歩いて源氏の滝のあたりに存在します。

春の山には春の花が溢れだしていました、そろそろ花の季節ですね。

山の中ですがこの辺りは結構整備がされています。

そして空海ゆかりの「獅子窟寺」などパワースポットもつらなっています、地元の人の「散歩道」でもありますね。

一部はこういう感じ、分岐からアサギマダラの小路に入ると急な階段があったりします。

 

ビーバー向けの活動ですから、ルートとしては「難しい」「危険」というところはありません。

最終的には観音岩に!!

交野、枚方を見渡す景色を楽しみました!!

「春を探す」ハイキングで春の空も見つけることができました。

【活動報告】コマ地図作りと、サイン追跡ハイク【今週末は無料体験会】

そういうわけで先週末のビーバー隊(年長さんから小学校低学年)は交野の機物神社(七夕伝説の織姫を祀る神社)まで「コマ地図作り」をしながらのハイキングとそこからは「追跡ハイク」を行いました。

【コマ地図】一コマ一コマに進行方向や道路の特徴などを記載していく。

 

コマ地図作りはルートの「記録」をするというスカウティングの基本スキルを身につける一つの方法です。

機物神社を超えたところからは様々なサインを追跡してのハイキングです。

 

途中で「指令書(写真の右下のサインは-3.5m先に通信文あり枚方15団)」を発見してミッションをクリアしながら最後は交野3団の野営地まで歩きました!!

【交野3団の野営地へ】同心門では指令の「歌を一曲」野営地では場所を借りて昼食ターイム!!

 

野営地を借りて少し遊んだ後は津田駅まで歩き、そこからバスに乗って枚方まで帰りました!!

 


10月14日(日)に御殿山公園にて、ボーイスカウト1日体験会を行います。

今回のイベントでは主にはビーバー隊候補の小学生(低学年/高学年)が対象ですが、幼稚園の年長さんや中高生、大人も募集していますから良ければ空気を掴むために参加希望の方はお運びください。

10月14日(日曜日) 9:30〜12:30 御殿山神社(公園) (参加無料)
スカウト活動体験会(幼稚園年長さん以上)

【予約推奨】ご連絡先はこちら https://bs-h15th.net/motto/1

【活動報告】源氏の滝へのハイキング!!

そういうわけで、15団のビーバー隊(年長さんから小学校低学年のグループ)はおかげさまで徐々に参加者が増えておりますが、その歓迎と体力づくりをかねて交野市の「源氏の滝」へのハイキングに行ってきました!!

【集合セレモニー】輪になって声をかけることでみんなの状況を確認します。

3キロほどの道のりを歩くライトなハイキングになります。

【市街地を進む】ボーイスカウトは野外活動もやりますが、ロンドン生まれの活動ですので日常活動は都市で行う事も多いです。

ルートはこんな感じです、ゴールが交野山の麓なのでアップダウンは少なく、道路状況も市街地か整備された道なので自動車や自転車に気をつけながら進んで行きます。

【市街地でもスカウト体験できる】

野外ではサインは「草や落ちた枝」を使って作るのですが市街地ではこんな感じでチョークで記述します。

【H15】枚方15団ということですね。

カブ隊(小学校高学年)やボーイ隊(中学生)ではこのサインで得た情報(「この先Xm書類アリ」などで指令書を受け取ったり)でハイクを行ったりしますが、ビーバー隊では「サイン」で情報をやり取りできるということを「楽しんで感じさせる」のが目的です。

 

【源氏の滝】

市街地から出るとすぐに「源氏の滝公園」に入っていきます。

【源氏の滝公園】交野山三宝荒神宮の一部ですので「遥拝所」や巨石、岩に刻まれた梵字などがあります。

源氏の滝公園にはいくつかの見どころもありますが、それほど大きな公園ではありませんので10分ほどで滝へとたどり着きました。

【源氏の滝】源氏姫が身を投げたという伝説のある滝

滝からただようマイナスイオンで涼を取りながら、ガヤガヤとみんなで昼食をとりました!!

【ニッコリ】引率のリーダーに抱えてもらって笑顔のビーバー隊員、ちなみにボーイスカウトは近年男女共学になりました。

昼食が終わったあとは水辺の探検をして、また交野市駅まで歩き引き上げました。

【源氏の滝を探検】スカウティング(斥候)には「調査・探検」という側面もあります。

枚方市駅まではリーダーも一緒に帰って解散しました!!

【活動報告】ビーバー隊 伏見稲荷大社初詣ハイク

そういうわけで、先週末はビーバー隊(小学校低学年)は伏見稲荷大社への初詣ハイクに行ってきました!!

【伏見稲荷大社】大門(楼門)前でハイチーズ!!(変顔選手権)

伏見稲荷大社は「日本で初めて稲が生えた」稲荷山(233m)をご神体とする日本でも有数の豊穣の神社として全国に展開している稲荷社の総本山です。

 

【千本鳥居を登る】

初詣ハイクはこの「稲荷山登山」を兼ねた初詣です。

【千本鳥居】外国人も多く奥社までは人が多いので慌てずに。

本殿でお参りを済ませた後千本鳥居へと進みます。

千本鳥居を進んだ後、初めの広場になっている「奥社」の裏にある「おもかる石」にも今回は挑戦!!

 

「千本鳥居」の参道を登りつめていくと1時間超で四つ辻まで到達できます。

【四辻】京都を南から一望できる。

 

【荒神峰-田中社】

ビーバー隊なので稲荷山の山頂までは行かずに四つ辻の隣にある「田中社」まで登って蝋燭を納める事にしました。

【田中社で蝋燭奉納】四つ辻で昼ごはんと記念品の授受がありました。

田中社は日本の国魂である「田中大神(大己貴命)」を祀っています。

 

……まあ、蝋燭を供えて、山頂を探検したら四つ辻まで戻ってお昼ごはんにしました。

お昼が終わったら参道を抜けてまた伏見稲荷大社へと戻りました(ルートはこちらへ)。

 

次回は「たこ揚げ」だ!!

グニャグニャ凧のつくり方「凧-手作りの魅力」

グニャグニャ凧のつくり方「たこのつくり方」

【活動報告】武田尾廃線ハイクと防災教室でのロープワーク

そういうわけで、この週末は武田尾廃線ハイクと近くの殿一小学校での防災教室がありました。

 

【武田尾廃線ハイク】

武田尾廃線ハイクは変化に富んだ武庫川渓谷を行く、高低差も少なく人気のあるハイキングコースになります。

【武庫川渓谷】紅葉もあり美しい渓谷だが秋はスズメバチが出ることもあるので注意しよう。

 

何度かトンネルと鉄橋を越えていくので「大冒険」のコースですが体力的には「登る」わけではないので楽ですから『歩く楽しみ』を感じるのに良いルートです。

【夏はすずしく、冬はそこまで寒くない】夏もオススメできます。

鉄橋部は昔は「整備用の橋」を強引に渡る感じでしたが再整備されて安全になりました。

【鉄橋】鉄道橋がリニューアル

武田尾側の場所では「ハシゴを降りれば」河原にも降りれます、ちょっと危ないですけどね。

 

【広場もある】昼ごはん

途中で昼ごはん。

【記念撮影】

「武田尾=生瀬(生瀬=武田尾)」を歩く上での注意点は余りありません、生瀬駅から武庫川渓谷まではすこし離れていますのでルートを確認しておいたほうが良いでしょう(看板は沢山ありますけどね)。

 

2時間ほどの冒険を終えて、最終的にはみんなで無事に枚方まで帰ってきました。

 

【防災教室(殿一小学校)】

そういうわけで、この週末には殿一小学校での防災教室に橋本リーダーが講師として登壇しました。

 

「ロープワークが命を救う」話から基本の三つの結び(本結び・もやい結び・巻き結び)を紹介して、最後に「巻き結び」だけは実践してもらいました……成功率は70%くらいかな?

【巻き結び体験】

そういうわけで今週末は「外に出る」活動が多い週末でした!!

 

【活動報告】7月23日 獅子窟寺「小さい冒険」ハイキング

そういうわけで、今回はビーバースカウト(小学校低学年)の活動報告です!!

前回のカブスカウト(小学校高学年)の活動よりも少しソフトな獅子窟寺へのノーマルなハイキング(ハイク)を行いました。

【河内森駅より】

河内森駅から獅子窟寺を通過し、くろんど園地を歩いて帰ってくる活動です。

【参道を行く】一部参道も歩きます。

基本的には体力づくりを目的とした活動です、このあたりはかなりルートが沢山あるので経験にあわせたルートを作ることができます。

 

「パワースポット」としても有名な獅子窟寺を通過するコースでもこういった子供向けのものから本格的なトレッキングコースまで様々なルートがあります。

【獅子窟寺】「八丈岩」のような巨石でも有名。

スカウトは景色に励まされて登っていきます、登山はこうでなくてはいけません!!

ゴール!! ああ、くたびれたー。

枚方の町までが見える景色を見て「昼ごはん」の時間です。

歩いた後のおにぎりはおいしいですね!!

 

昼食が終わると下山へ!!

全員無事に帰ってきました!!

【敬礼】

【活動報告】5月21日 星のブランコ地図ハイク「地図の見方を覚えよう-実践編」

そういわけで、本日はカブスカウト(小学校高学年)の活動報告を。
先週も各隊はハイキングだったんですが……「順番に」ということで!!

【交野の誇る名橋】星のブランコ

去る5月21日にカブ隊は「星のブランコ」までの「地図ハイク」を実施しました。

「地図を読みながら、道を選んでいく」というスカウティングの基本ともいえる技術の実践編です!!

「読図」とも言いますが「地形図」で山の起伏を見て「自分の居場所」を判断します。

 

例として「富士山」の地形図をどうぞ!!

この「等高線」の地図から、あの「富士山」の形が見えますか?

【富士山】等高線1本が「10m」太い線は5本ごと(50mごと)にあります。(↑クリックして拡大)

 

【地図ハイキング開始】

【実践】スタートは軽く指導します、周辺に「目標物」をいくつか見つけて自分の場所と向いている方向を「確認」するのがコツです。

駅をスタートして山へと進んでいきます。

まあ街中の場合はどちらかというと道も整備されていますから普通の地図同様「建物(ランドマーク)」を見て歩きます。

 

しばらくの苦闘努力(?)の結果、星田神社に到着しました。

空海の法力で「隕石が落ちてきた」という伝説のある神社です!!

神社を通り抜けてしばらく進むと……ここからは山道(室池園地)です。

「あ、あれ!」地図にある目標物と道を頼りに進みます。

同じハイキングでも連れていってもらうのと「自分で地図を見る」のでは学べる事、感じる事には大きな違いがあります。

【交野の誇る名橋】星のブランコ

【無事にゴール】星のブランコの前で集合写真!!

無事にゴール!!

みんな「地図を読める男女」に育っています(笑)

伝統のがまんハイク2017「5:00〜12:00地元の河川敷から始まるロングトリップ」

そういうわけで、先週末は「がまんハイク」枚方15団の伝統的な「ロングハイク」でした!!


これは昨年の40kmハイクのルート
淀川河川公園の枚方大橋の下を出発し、40km-30km-25km-10kmと年齢別、体力別にコースを歩きます。

今年は30kmコースから写真をあげていきます。

 

【30kmコース…スタート】

30kmコースの参加スカウト(小学校の低学年)は4名!!

5:45 団委員長に出発を報告してスタート!!

まだ暗い河川公園をライトで切り拓きながら進んでいきます。

スカウトたちはハイテンション!!

リーダーのザックにぶら下がったりとダーティーなテクニックを多用して進んで行きます。

 

フラットなルートなので体力的には「キツイ」という所はありませんがとにかく長いコース、途中の「釣り場」などが調度良い気分転換の場所になります。

 

9時頃には折り返しの鳥飼大橋にたどり着きました。

 

【30kmコース…リターン!!】

30kmでは引き返してすぐ(40kmではしばらく、になります)「給水ポイント」が用意されています。

 

給水ポイントでエネルギーを補給してまた元気よく歩いていきます。

がまんハイクは平地を進みますから「ヤマ」は無いのですが、舗装路を延々と歩いてきますから、足の一部にトラブルが起こることが多いのです。

(歩く面がたいらという事は負担がかかる場所もずっと同じですし、舗装路は「一歩一歩」の衝撃がそのままダメージになります)

 

そして最後には「ぐーー、っと」足が重くなってきます。

口数も少なくなってきましたが、今年は参加者全員が無事にゴールすることが出来ました。

ゴールすると思わず笑顔がこぼれます。

【長谷川班長】彼は40kmコースを無事踏破!!

全員無事を笑顔で報告して終了しました!!

 

【大高リーダーの手紙】

大高リーダーから当日のレポートとスカウトへのメッセージがありましたのでこちらに掲載します!!

 

カブ隊くまの長谷川くんは、ベンチャーのお兄さんお姉さんと一緒に40kmコースを完走しました!!

30kmコースのスタートはAM5:45。

まだ暗い景色の中を、カブ隊4名は出発しました。

いつも元気いっぱいのカブ達。

早朝だというのにハイテンションで、果たしてこの調子で最後まで歩き切れるのでしょうか?!

しかし、カブ達は私の予想を遥かに超えたパワーを持っていたようで、最後まで元気に約7時間かけて全員揃って歩き切りました。

 

本当にスゴイです!!!!!

みんな、お疲れ様でした^^